本文へジャンプ
トップ >

日本一の道の駅に

「道の駅・とみうら(枇杷倶楽部)」が、2000年3月2日に東京国際フォーラムで開催された、初めての全国道の駅コンクールである「道の駅グランブリ2000」で最優秀賞を受賞しました。これは、全国に551駅(2000年2月末現在)ある道の駅のうち、登録後1年以上経過した463駅の中から選ばれたものです。

受賞式には設置者である富浦町長や駅長、発足当時からのスタッフがお祭り気分で参加しましたが、最優秀賞発表のアナウンスに、全員が唖然として、耳を疑いました。審査講評にもあるように、小さく、古く、粗末の3拍子揃った駅が、何ででしょうか?、という訳です。いつもは堂々としている町長も、三井ゆりさんの質問をややはずしていました。内心、どこかの賞に引っ掛かればという淡い期待もあったのも事実ですが、四球のつもりがランニングホームランという所でしょうか。。

この受賞を一番喜んでくれたのは、最先端の現場を支えてくれているパートさん達で、最優秀の垂れ幕や張り紙はしていないのですが、目敏いお客さまから「日本一おめでとう」なんて声をかけていただき、「キャッ、キャッ」と喜んでいます。

南房総にお出でになるときは是非お立ち寄り下さい。東京湾アクアラインか東関東自動車道路で館山方面を目指し、富津館山道路の最終にある富浦ICから約1Kmに緑色の屋根が見えてきます。これが道の駅とみうらの『枇杷(びわ)倶楽部』です。

ただ、「淡々と気負わず、あきずにコツコツ」が信条の「道の駅」ですから、大きな期待はしないでください。

ご参考までに、「全国『道の駅』連絡会」が発表した記者発表資料をもとに審査の過程等についてお知らせいたします。

詳細はこちらから

更新日:2014年4月1日
▲ページTopへ